NAVI

銀行の窓口業務に従事したい時の志望動機

就職試験を受けるときには、まず最初に履歴書を記入するかと思います。多くの会社はたくさんの人が就職試験を受けるため、その履歴書を参考にし、そこから面接をする人を選ぶことが多いようです。そのため、しっかりとした履歴書を書く事が、就職試験に受かるために非常に重要なこととなるのです。では、銀行の窓口に従事したいと思ったら、どのような志望動機を書けば、会社の人事の方の目に留まるのでしょうか。重要なのは、自分が窓口にいることで、その銀行にどのような利益があるのかを積極的に伝えることです。

例えば、話すのが得意だという方の場合には、自分はほかの人と触れ合うのが上手で、銀行の内容に詳しくないという方からの質問にも、わかりやすく答えることができるので、窓口の利用者を増やすことができるというような書き方をするのが良いでしょう。また、容姿に自信があるという方の場合には、自分が窓口にいれば、お客さんが来た時に明るく対応するので、お客さんにまた、その銀行に来たいと思わせることができるなど、具体的に書くのがおすすめです。このようにすることで、あなたの印象を人事の方にしっかり伝えることができますので、とてもオススメなのです。紙面上ではなかなか、人柄を相手に伝えるのは難しいかと思います。そのため、誤解をうみ、なかなか就職活動がうまくいかないということもあるかと思いますが、このようにすることで、その誤解をあまり生まないようにすることができます。もしよかったら参考にしてください。


Copyright(c) 2018 銀行窓口からネット手続きの時代へ All Rights Reserved.