NAVI

銀行の窓口と、勤める人の容姿について

銀行の窓口を見てみると、綺麗な女性行員が働いているのを確認することができるかと思います。そこで気になるのは、銀行の窓口の行員として努めたいと思ったら、ある程度の容姿が必要かという点です。実を言うと、銀行によっては容姿優先で窓口の行員を決めているようです。ただし、その容姿というのは単純に美しいかどうかではなく、その銀行のコンセプトによって異なるようです。例えば、お年寄りに信頼が高い銀行を目指したいと思えば、あまりにも美しい方ではなく、優しい印象を持つ方を窓口においたほうが、お年寄りには良い印象を与えることができます。ですので、優し印象を持つ女性を選んで窓口に配置するようです。また、いくら美しい人でも、清潔感のない方は、どの銀行でも窓口として働くことは難しいようです。やはり窓口で働く方は銀行の顔ですので、なるべくならばその銀行の印象がよくなる人を配置したいと考えます。そのため、綺麗な方でも例えば、毎日夜遅くまで飲まれる方で、次の日にもすこしお酒の香りがするという方などは、窓口には配置されないのです。

ですので、窓口で働きたいと思ったら、まずは自分がその銀行のコンセプトとあった雰囲気を持っているのかを確認し、その上で清潔な生活を心がけるのが一番の近道かと思います。そのようにすることで、銀行に務める同僚の方にも良い印象を与えることができますし、お客さんにも良い印象を与えられますので、抜擢される傾向にあるのです。もしよかったら参考にしてください。


Copyright(c) 2018 銀行窓口からネット手続きの時代へ All Rights Reserved.