NAVI

銀行の窓口終了後に、行員が行っていること

多くの銀行は、その窓口の受付時間は午後3時までとなっています。この午後3時というのは、別に決まった時間ではないのではないでしょうか。ただ、慣例的に午後3時といった感じの営業を取っているのでしょう。では、窓口時間終了後、銀行の行員の方々は、何をしているのでしょうか。3時で終了して、直ぐに帰っても良さそうなものなのに、実はその後も夜遅くまで電気がついている場合が多いというのが、一般的な銀行の営業形態でしょう。また、海外の銀行はどんな感じなのでしょうか。

実は、多くの銀行は3時の営業時間終了後、お金を数えるそうなのです。本日の取引残高をしっかり数えなければならない、実に面倒な業務と言えるでしょう。そして1円でも合わなければ数え直しといった感じだそうです。定期的に財務省の監査が入るらしく、そのため、毎日、監査を受けている様な印象を受けるといったことを話していた元、銀行マンもいました。加えて、上に行くに従って仕事もポストも無くなっていくため、その多くの方は、やらなくても良い仕事を作って、やらせているといった、非常に非効率なこともやっているのではないかとも思われます。

では、海外の銀行はどうなのでしょうか。例としてイギリスを取り上げてみます。イギリスの銀行は、午後4時で窓口が閉まります。多分、その後は、我が国の銀行と同様に、本日の取引残高の集計へと移るわけでしょう。但し、それもせいぜいが2時間程度で終了。何と午後6時には帰ることができるといった感じです。うらやましいですね。


Copyright(c) 2018 銀行窓口からネット手続きの時代へ All Rights Reserved.